本文へスキップ
京都中古楽器買取センターは京都にて楽器の買取する業者です。

TEL. 0120-480-150

京都本店  〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1      

京都の楽器の高価買取ならお任せ下さい!!

京都楽器買取センターは楽器の買取を専門とする業者です。

楽器は当店にて高価買取します


楽器買取の京都TOP楽器買取センターでは、
京都をはじめ京都(関西)全域で中古楽器の出張買取を実施しています。 京都市内をはじめ山科区や宇治市、亀岡でも楽器の買取をしています。
使う事のなくなった楽器をお持ちの方は、是非京都楽器買取センターに買取をおまかせください。
京都の楽器買取専門店ならではの高価買取で多くのお客様にご満足の価格で買取します



京都楽器買取センターは全域出張費完全無料で出張買取を積極的に行っています
もちろん店頭買取も朝10時~20時までやってますので、ぜひよろしくお願いします
あらゆる楽器に精通したプロのバイヤーが楽器高価買取します







ギターは、弦楽器の中で人気です。
当店はギブソン・マーチン・フェンダーを始めとしたアコースティックギター、エレキギターやマーシャルなどのギターアンプ、ーなどを中心に買取しております!ギターの買取なら京都TOP楽器買取センターにお任せ下さい!



Marshallマーシャルアンプ特に買取強化中です。
メサ・ブギー・ローランド・アンペグなどのメーカーの買取もお待ちしています
お客様アンプの買取を全力金額で査定でさせて頂くべく、日々精進させて頂いております。



最近の電子ドラムの性能には本当に驚かされます
重くて持ち運ぶのが大変な電子ドラム(エレドラ)買取ならお任せ下さい!!
ローランド・ヤマハ電子ドラム買取ならお任せ下さい
電子ドラムの買取簡単出張買取がお勧めです楽器の買取は京都TOP楽器買取センターへ
もちろん通常のドラムセットも高価買取します
パールドラムセット買取強化してます




電子ピアノは「デジタル・ピアノ」「エレクトロニック・ピアノ」とも呼ばれる。
音源部に電子回路を用いたピアノ型の楽器である。
代表的なものでカシオ(プリヴィア)やヤマハ(クラビノーバ)
その他にもカワイの電子ピアノ・コルグの電子ピアノ・ローランドの電子ピアノがあります
電子ピアノの場合年式としては10年以内が買取対象です
京都の電子ピアノの買取ならお任せ下さい!!




サックスは1840年代にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックスによって考案された楽器で
クラシック音楽からポップス、ロック、ジャズに至るまで、様々な分野の音楽でつかわれる楽器になります
大人気の楽器で京都ではたまに桂川や宇治川、鴨川とか河川敷で練習してる人も多い楽器になります
ソプラノ、アルト、テナー、バリトン・サックス買取ならお任せ下さい
有名どころメーカーとしてはYAMAHA・セルマー・ヤナギサワがあります





弦楽器買取ならお任せ下さい!!
弦楽器は名前の通り弦に刺激をして弦が振動して音が得られる楽器になります
代表的な楽器としてはヴァイオリンやチェロ、マンドリンやマンドラ、コントラバスがあります
ヤマハのヴァイオリンやカラーチェ マンドリン・チェキのコントラバスお売りください
またヤマハのサイレントシリーズ買取強化中です
弦楽器について詳しくはこちらをどうぞ!!



京都の管楽器高価買取します
管楽器は代表的なものでフルートトランペット・ホルン・クラリネットがあります
メーカーとしては日本のヤマハ・トランペットのベッソンドイツホルンのアレキサンダーやハンスホイヤーがあります。管楽器は京都楽器買取センターにてぜひ一度お見積りお願いします
メーカーとしては日本メーカーはやっぱりヤマハ等があります、どんな楽器の買取もお任せ下さい!!



パーカッション・打楽器買取ならお任せ下さい!代表的な打楽器にパールドラムセットやヤマハドラムセット
Roland等のドラムも高価買取出来ますシンバルのジルジャン等単品でも買取します
コンガ・ティンパニ等のパーカッションの買取もお任せ下さい




和楽器は日本で昔から使われてきた伝統的な楽器です!骨董的な価値もある楽器もあり査定には知識が必要です
三味線、尺八、大鼓、琴など高価買取します
三味線・琴は綾杉彫り象牙撥は特に高価買取出来ます



PA機材は電気的な音響拡声装置の総称である
マイク・ミキサー・アンプ・スピーカー
楽器、音響機器のことならTOP楽器買取センターにお任せ下さい!
ご不用になったライブ、コンサート、行事等のPA(音響機材システム)当店が買取します




使わないDJ機材買取します
ターンテーブル、CDJ、DJセット、サンプラー、エフェクター等の高価買取します
お客様のご不要になった機材を早く、高く、丁寧に、どんなものでも心をこめて買取いたしております。
DENON、PIONEER、GEMINI、なんでも買取します


京都楽器買取TOPで高価買取中の楽器



1.ギター


ギターはベースやバイオリンなどと同じで、弦を張ってあり音を出す楽器で『弦楽器』と呼ばれます。この違いは一概には言えませんが、主に弦が6本ありそれが弓のように張り詰められていて、その弦を弾くことで音を奏でます。ギターにも種類が色々あり「エレキギター」や「アコースティックギター」、「クラシックギター」などが有名です。アコースティックギターは単体で音を奏でることができるのですが、エレキギターは単体では音を奏でることができないのも特徴で、このエレキギターはアンプと一緒に使います。アンプは「2:ベース」で説明します。
ギターの魅力は、幅広いジャンルの曲を弾くことができるという点です。弾けるジャンルがとても多いので、様々な国や民族の曲でギターが使われています。

2. ベース


こちらもギターと同じ弦楽器です。使い方はギターとほぼ同じです。ただこの楽器はギターより低い音を奏でる為にあります。ベースは主に楽器1つで使うものではなく、アンプという音を大きくする機器と一緒に使います。これはなぜかというと、ベースは単体ではあまり音が出にくいものなので一緒に使います。これは私が店長が一番好きな楽器です。

3.サックス


サックスは正式名称は「サクソフォーン」または「サクソフォン」です。種類には金管楽器とよく間違えられるのですが、木管楽器です。さらに一言でサックスと言ってもいろんな種類があります。「ピッコロ」「ソプラニーノ」「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」「バス」「コントラバス」「サブコントラバス」と9種類あります。ただあまり楽器に詳しくない人が知っている一般的なサックスは「アルト」と「テナー」だろうと思います。

4.フルート


フルートはサックスと同じ木管楽器です。広く一般的な言い方をすると大きい上です。フルートの一番特徴的なところは笛を縦に持つのではなく、横に構えて笛を吹きます。主に高音パートを担当することが多くオーケストラの中に居ても一際音が高いので多くの楽器が音を奏でてる中でも、よく聴き取ることができます。

5.ホルン


ホルンは金管楽器の一種です。金管楽器の中でも特に形が特徴的な楽器で、イタリア語ではCorno(コルノ)、フランス語ではCor(コール)と呼ばれています。元は角を表す言葉であるので、「角笛」とも言われています。そして、ホルンは世界で一番難しい楽器とも呼ばれることもあり、ホルンをやりたいと思った人はとても練習する必要があります。

6.オーボエ


姿かたちがクラリネットに似ているのが特徴のオーボエは木管楽器に種別されます。オーボエも高音が出る楽器で、「美しい音色」というのがふさわしい楽器です。有名なところでいうと、ベートーヴェンの『交響曲第3番「英雄」』にも使われています。前までオーケストラでは弦楽器のみというのが常識だった中で、初めて入った管楽器です。

7.トランペット


トランペットは金管楽器の一種で、語源は貝殻の一種を意味するイタリアの言葉です。トランペットの歴史はとても古く、遡ると新石器時代にはその原型とみられるものがもう存在していました。その時期にはトランペットという存在はなかったので、広くラッパの一種でした。トランペットは楽器の中でも花形とも言われ、とても人気の高い楽器です。吹奏楽部に入っていた人はトランペットを吹いていた人も多いと思います。

8.ドラム
ドラムと聞いてすぐ頭に「バンドの後ろで太鼓のようなものを叩いる楽器」を想像する人は多いと思います。ただそれは正式にはドラムセットを叩いているのです。本来あの打楽器一つ一つがドラムといい、その集まっている集合体のことはドラムセットと言います。
ドラムはメロディーを奏でるものではなく、リズムを作り出す楽器です。ただだからと言ってドラムがない演奏には迫力が出ないのです。メロディーとリズムが合わさって初めてクオリティが上がるのです。

9.尺八


尺八は中国から作られた楽器で、木管楽器の種類に入ります。特徴はこの楽器全体が竹で作られていて、演奏者の間では「竹」という愛称で呼ばれているということです。
尺八は日本が鎌倉時代のときに中国から伝わり、江戸時代ごろに形が確立されたとされています。
その頃はよくお坊さんが修行のために吹いていました。一説では尺八は武術の道具としても使われていたとも言われ、楽器とは程遠い存在でした。

10.三味線


三味線は日本発祥の弦楽器です。ギターは6本の弦を弾いて音を出していましたが、三味線はその半分の3本の弦で音を奏でます。弾き方は3本の弦の1本1本を指で押さえながら、撥と呼ばれるヘラ状のもので弦を弾きながら弾きます。
三味線は15世紀から16世紀ごろに誕生したとされ、弦楽器の中では比較的に歴史が浅い楽器です。この楽器はある程度上手に弾こうとすると難しいのですが、楽器の中では簡単に弾ける楽器の1つです。

11.マンドリン


マンドリンはピックを用いて弦を弾くように演奏する木製の弦楽器です。フレットを押さえ、ピックで弾くところなどは、ギターによく似ていますが、ギターとは、まず形に違いがあり、マンドリンは共鳴体である胴の部分が楕円形になっているところが特徴的です。また、マンドリンでは「トレモロ」という奏法が多用されることでも有名です。トレモロとは一つの音を長く鳴らす時に、ピックを小刻みに動かし、音を細かく鳴らし続けて持続させる奏法であり、ギターに比べて響きの少ないマンドリンには欠かせない奏法となっています。

12.クラリネット


クラリネットは、リードという木の板に息を吹き込むことで音を鳴らす木製の管楽器です。黒く、縦長の筒のような見た目をしていて、キイと呼ばれる穴を塞ぐことで音階を奏でることができます。吹奏楽には欠かせない楽器であり、部活動として演奏経験がある人も多い楽器です。小さく柔らかい音が出せることが特徴的です。

13.トロンボーン


トロンボーンは、マウスピースという金属製の吹き口に息を吹き込み音を出す金属製の管楽器です。いわゆる「ラッパ」と言われるトランペットに少し似ていますが、トランペットより大きく、形も特徴的です。トロンボーンにはスライドと呼ばれる直管がついており、これを伸び縮みさせることで音の高低をつけることができます。音を出しながらスライドを滑らせ、音の高低を変えるグリッサンドという奏法はトロンボーンの最も得意な奏法と言えるでしょう。

14.ホルン


ホルンもトロンボーンと同様にマウスピースで音を出す金属製の管楽器ですが、マウスピースがとても小さく、高音が出せることが特徴的です。くるくると管が巻いてある丸い見た目が印象的で、その見た目から「かたつむり」と異名を持っています。レバーを押すことで音の高低を変えるのですが、息の吹き込み方でも音の高低を操ることができます。しかし、狙った音を出すことが大変難しい楽器で「世界一難しい楽器」と言われることも多いです。


15.ファゴット


ファゴットとはダブルリードと呼ばれる2枚の木の板の間に息を吹き込むことで音を鳴らす、木製の管楽器です。とても長い楽器であり、楽器を斜めにして持つ必要があるため、吹き口が長くなっています。木管楽器の中では、かなり低い音を出せる楽器で、吹奏楽では、伴奏として用いられることも多いです。

16.チューバ


マウスピースに息を吹き込み音を出す金属製の管楽器です。金管楽器の中で、最も大きな楽器で、基本的には両手で抱え込むように持ち、座った膝の上に乗せ、演奏をします。大変低く、よく響く音が出せる楽器のため、吹奏楽やオーケストラなどでは、コントラバスと共に、ベースラインを演奏することが多いです。大きな管楽器ほど、たくさんの息を吹き込む必要があり、そういう意味では、演奏することが大変な楽器と言えるかもしれません。


17.ピッコロ


ピッコロはいわゆる横笛であり、吹き口に下唇を当て、下に向けて息を吹き込むことで音を出す木管楽器です。よく似た楽器として、フルートが挙げられます。フルートに比べて、ピッコロは長さが短く、フルートも高音楽器に区分されますが、ピッコロはそれ以上に甲高い音を出すことができます。胴についたキイを塞ぐことで音を変えることができ、とても細かい旋律を奏でられる楽器です。その見た目や音色から可愛らしい印象を受けるため、音楽を装飾する役割を担うことが多いです。


18.コルネット


コルネットは、いわゆるラッパと言われるトランペットによく似た楽器なのですが、トランペットよりも柔らかく丸い音が出せることが特徴的な楽器です。その音色はむしろホルンによく似ているとも言われますが、楽器の音が響くベルと言われる広がった部分がホルンは演奏方向に対して、後ろを向いているのに対し、コルネットはトランペット同様に前を向いているので、音が聴く人によく届きます。そのため、柔らかな響きが求められるような曲で、ソロ楽器として活躍しています。

19.アコギ


アコギとは、アコースティックギターの略称です。ギターは大きく分けて、エレキギターと、アコースティックギターに二分されます。電気信号として、音を発信し、アンプなどに繋いで大きな音を出すエレキギターに対し、アコースティックギターは、木製の胴体に弦の響きを共鳴させ直接音を響かせるギターのことを指します。しかし、アコースティックギターにも、電気信号による共鳴機能を搭載したものもあり、音量を上げて大衆に向けて演奏されることもあります。

20.チェロ


チェロは、弓で弦を擦ることで音を出す弦楽器です。音の出し方としてはヴァイオリンの仲間に属しますが、ヴァイオリンより大きな楽器のため、ピンを地面に付け楽器を立てて演奏します。ヴァイオリンよりは低い音になりますが、コントラバスよりは高く、間を取り持つ重低音が魅力的な楽器です。仲間の弦楽器に当たるヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4つで演奏させる形態を弦楽四重奏と言い、とてもポピュラーな演奏形態です。




楽器売るなら京都楽器買取センター


昔買ったけどずっと使っていない楽器の買取。
押入れや倉庫の片隅で眠ったままになっている楽器の買取。
使っているけど新しいものに買い替えを考えている楽器の買取
そんな楽器はありませんか?京都楽器買取センターではお客様の楽器を高価買取致します。
売りたい!と思ったらまずはフリーダイヤルにお気軽にご連絡下さい。

当店スタッフが丁寧に対応させて頂きます。売りたい楽器の種類やメーカー、年式、モデル名当がわかっている場合はその旨をスタッフにお伝え下さい。お調べした後お客様の楽器の査定金額をお伝えさせていただきます。楽器の種類によってはすぐにご返答が出来ない場合が御座いますのでその際はご了承下さい。




取り合う買う楽器はギター.ベースはもちろんアコギからエレアコ.楽器ならなんでも買取出来ます。
エフェクターやアンプ.音響機器、サックス.トランペット.ホルンなどの管楽器、三味線.琴.太鼓などの京都の和楽器、ヴァイオリンやマンドリンなんかの弦楽器にわたるまで買取出来ます、出張買取では京都、大阪、滋賀まで買取に行きます。
複数あっても出張買取なら安心して買取出来ます、

TOP買取センターは電話でも査定ができるのも安心ですね。
買取価格に関しても上は北海道から京都まで店舗の有るTOPは買取価格が高いです(限界買取)であなたの楽器買取します。たくさんのリピートをいただいてる当社は買取価格で京都にて商売しています!楽器買取は当店にお任せ下さい、 TOPは京都の楽器の業者買取もしております、楽器屋さんの在庫や買取業者様の買取もどんどんお持ちください。


フェンダーのUSAやギブソンは買取特に強化中です、ビンテージモデルの買取お任せ下さい! 京都で楽器買取と言えば(TOP京都楽器買取センター)が一番買取が高いです、当店が言うのもなんですが楽器買取業者をお探しならTOP京都楽器買取センター)がお勧めです、京都は学生の街なんで引越しの際に楽器売りたい方も多いです、 そんな京都で生き抜いてきたTOP京都楽器買取センターはどんな楽器も買取します。


当店は京都には西京区に本社があり楽器買取店があります、上桂や桂駅からのアクセスも良く駐車場も二台完備9号線に面しています、当店は買取件数が違います、 毎日何十点の商品の買取してるプロの楽器買取の査定員があなたの楽器高価買取します。京都は和楽器も盛んに取引されており当社も三味線や尺八.琴の買取を強化してます!三味線なんかで言えば津軽三味線や地唄三味線が買取が多いです。


京都楽器買取と言えば京都TOPグループの京都楽器買取センターが有名です!高価買取のポイントなんですが購入した時の付属品や商品をある程度綺麗にふいていただけたら楽器の評価も上がります。感謝の気持ちを忘れず買取価格で還元します。 京都や札幌で有名なTOP買取店は長年の楽器のメンテや修理に携わるリペアマンが買取するので買取価格も高く高価買取が期待できます。京都市内以外にも店舗がありますので買取は全国お任せ下さい


選べる査定・買取方法


お客様のご都合に合わせてそれぞれ査定・買取それぞれ2つの方法からお選びください


楽器の買取で気を付けるポイント


これまで使用していた楽器を手放すときが来たとき、そのときはただ捨てるのではあまりにも悲しい結末です。できることは少しでも長く使ってもらえたならという気持ちのはずですから、その際には買取を検証されることでしょう。そのときに楽器の買取で気を付けるポイントを踏まえてればもしかするとお得になるかもしれません。

1楽器の買取のあれこれ



幅広く買取を行われてる業者を利用するのもいいのですが、どうせなら中古楽器専門店を利用するべきでしょう。理由はやはり楽器に付いて詳しい方がいらっしゃることと、それに応じた楽器の価格を割り出してくれます。ですがどんなジャンルの買取をされてるお店だとついでにいらなくなった物をお願いすることは可能なので便利といえば便利ではありますが、ただだからといって楽器といらない物を同時に持って行ってそれで結果的に損をするような金額にされてしまっては勿体無いということもありますが、さらには大切にしていた楽器の扱いは手放したとはいえ本当に大切に扱ってくれるのだろうかと不安にもなるかもしれません。専門性の高い楽器店での買取に付いては楽器を大切に扱うことはもちろんのこと、中古とはいえまた蘇らせて次の使用者のために綺麗にしてくれるので大切に扱うということに関しては安心して買取を利用することができます。


2買取には3つの方法があります



楽器の買取には3つの方法がありますが、気をつけるポイントとしては自分が買取しやすい方法を利用しておくことです。店頭買取なら自分でお店に直接楽器を持って行くということになりますが、もしそのときの査定に問題がなければすぐにでもお金に変えることができるので、サッと終わらせたい方にとっては最も便利な方法でしょう。ただ査定に納得できなかったり疑問が残るようであれば相談しながら楽器買取をしましょう。郵送買取については近場に買取店がなければ利用してみてください。また自分のペースで買取をしたいという方にとっても便利な方法となっておりますので、そうした方にオススメの方法となっております。出張買取では自宅に来てくださることになりますので、その際にスタッフが大切な楽器を査定してくれます。また出張買取で気を付けるポイントとしては一旦お店に持ち帰るということをされることもありますので、そのときには断るように注意しなければ損をすることになる可能性もあります。


3買取できる楽器と諦めず買取店を探してみること



楽器には様々な種類がありますが、楽器買取店ではほとんどの楽器を取り扱っております。また基本的な楽器としてはギターやピアノやドラムなどは安心して利用することができるでしょう。ですが楽器によっては買取してくれないこともありますので注意しましょう。その場合の買取拒否に付いては故障や音が出ない、そもそも使えないといったことが挙げられます。ですが専門性の高い楽器買取店だとそうした楽器でも稀に買取をしてくれるお店もありますので、諦めずに探してみるのもいいかもしれませんし、もし珍しい楽器をお持ちになられてて、これはどこも取り扱ってないからといって買取を諦めるのではなく、そうした珍しい楽器も買取をしてる場合がありますから、まずは諦めずにネットなどを検索して珍しい楽器買取可能なお店を探して見るのもいいでしょう。


4楽器を綺麗にして付属品を用意する



今まで使用していた大切な楽器でもありますから、ほとんどの方が綺麗にその楽器を扱われてることでしょう。そしてその楽器を綺麗にされてることは高く売ることができるポイントでもあります。やはりまず見た目というのは大切なこと、そして楽器を使用するときに埃や汚れなどがなければ触りやすいともいえます。査定を行うのはもちろん人ですので、気持ちよく査定をしてもらって少しでも高く買い取りしてもらいましょう。また付属品があるとないでは半額くらいの差が付いてしまうこともありますので、もし付属品をお持ちの場合には必ず持参して買取店で査定を行いましょう。付属品に付いては説明書や保証書、または楽器のケース、エフェクターやアンプなど音響機材などもあれば尚更高額買取にすることができます。ですから楽器買取店に行く前に必ず付属品があればすべて持って行くことをオススメします。


5高く売るために気を付けるポイント悪質業者に注意



楽器買取で高く売るためには楽器の状態や付属品などがありましたが、それだけではなく他にも方法があるんです。それが高く売れるタイミングになるのですが、これは簡単に説明すると強化買取中になります。ですが買取店で強化されてる楽器は異なり、例えばギターを強化中にしてる買取店があれば、ドラムを強化されてる買取店がありますので、自分の楽器がどの時期に高く買い取りしてもらえるか判断しながら行動しておくといいでしょう。ただ中には悪質な業者も存在しますので注意しなければいけません。強化買取といいながらそうでもなかったり、または本当なら高く買取できるはずなのに、二束三文で買取をしてしまうようなことをしています。こうしたことを判断するにはネットの口コミや評判などが手っ取り早い方法でもありますが、身近な方に情報収集しておくのもいいことでしょう。何れにしても楽器の買取で気を付けるポイントとして役に立つはずですので覚えておいてください。




 当店をご利用したお客様の声

楽器買取専門店TOPさんにてギターを買い取っていただきました。
新しくギブソンのギターが欲しくなり所有していたギターや機材の一部を買い取っていただきました。
買取り専門店TOPさんは出張で買取りにきていただけるのが嬉しいですね!
買取りの日時もこちらの希望に沿っていただけますし、なによりスピーディーでその場で現金でお支払いいただけるので、予定のある休日でも空いた時間で買い取っていただけるのが、非常に便利だと思います!
買取り金額も概ね相場通りですし、一緒に機材や他の楽器店さんでは買取り不可能なシールドや安いチューナーなども一緒に売却すると最終見積もりに多少の増額をしていただけるのが非常に好印象です。
バンド仲間たちにも勧めたいです!!

※当店からのお返事
この度は買取専門店TOPの出張買取りをご利用いただきありがとうございます。
今回お買取りいたしましたのは、Gretsch(グレッチ)の6121です。
Gretsch(グレッチ)の6121はポジションマークの銃や槍といったウエスタンを思わすモチーフやボディのGブランドマークが特徴のギターです。
音はもちろんのことカントリーな色合いでルックスも抜群にかっこいいいのこのギター。
さすが世界一美しいギターを作るブランドのギターといった印象を受けます。
ホワイトファルコンほど有名なモデルではございませんが、こちらのギターも人気が高く、また中古市場にあまり出回らないため、高額でのお取引が行われております。
今回のギターはビグズビーのアームやペグなどに塗装の剥がれ、傷、またボディにも打ち傷などダメージが見受けられましたが、出音やネックなどは問題なく比較的高価でのお買取となりました。
なかなか中古市場に数の少ない商品は買取価格が難しいものもございますが、今回は一緒に家庭用のアンプやシールドなどもお売りいただきましたので、最終見積もりにも多少のプラス査定をいたしました。
今回は大変貴重なギターをお売りいただきありがとうございました。またご機会ございましたら、よろしくお願いいたします。



京都TOP楽器買取





楽器買取 メーカー


        ギター 買取

        金管楽器 買取

        弦楽器 買取

        木管楽器 買取

        和楽器 買取

        打楽器 買取




       トランペット 買取

       サックス 買取

       クラリネット 買取

       フルート 買取

       トロンボーン 買取

        ホルン 買取

        オーボエ 買取

        ファゴット 買取

        チューバ 買取

        ピッコロ 買取

        コルネット 買取

       ユーフォニアム 買取












      ヤマハ 楽器買取

      ローランド 楽器買取
◎ROLAND
      モーグ 楽器買取
◎MOOG
      コルグ 楽器買取

      セルマー 楽器買取

      マーシャル楽器買取

      ヤナギサワ楽器買取
◎YANAGISAWA
      ホルトン楽器買取
◎YANAGISAWA
      ムラマツ楽器買取
◎YANAGISAWA      クランポン 楽器買取
◎YANAGISAWA
     ハンスホイヤー楽器買取
◎YANAGISAWA
     アレキサンダー楽器買取
◎YANAGISAWA
     カシオ 楽器買取
◎YANAGISAWA





京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 買取はおまかせください


ベース


サイトマップ















京都楽器買取センター



〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 TEL  0120-480-150

【611311530010】
 京都公安委員会許可番号

関連ホームページ
京都












-